不正利用について

不正利用について

 

クレジットカードは不正に利用されることがあります。 普通に使っている分には問題ないはずが、インターネットの普及が進み、普通に使っていても不正利用の被害にあってしまうというケースも後を絶ちません。 では、どういった形で被害に遭うのでしょうか?

 

個人情報漏洩

インターネットでネット通販を利用することも多く、さまざまなデータが利用した会社に蓄積されていきます。 クレジットカードの情報も、その1つです。第三者に個人情報を漏洩してしまう恐れがあります。

 

スキミング

クレジットカードの中に入っている情報を読み取って、同じカードを作ることです。 ですので、盗難にあったら必ずすぐにクレジットカード会社に連絡して盗難に遭ったことを伝えて対処してもらいましょう。 その際にカードの再発行をお願いすることができます。 仮に新しく発行してもらったあとにクレジットカードがみつかっても古いカードは使えないようになっています。自動ひき落としなどにしている場合は、変更の手続きを事前にしておきましょう。 変更の手続きが終われば一安心 ですね。

 

盗難に遭った

不正利用されて、さらに盗難にあった場合はいち早くクレジットカード会社に連絡することです。 これでカードの利用は停止されますので、悪用されることはないでしょう。 注意すべきことは、不正利用されてから一定期間がすぎると保険が効かなくなって、不正利用分もあなたが支払いをしなくてはならないということです。また、過失による不正利用は、期間内であってもあなたが支払う必要が出てくる場合もありますので十分注意したほうがよさそうです。

 

不正利用されないための対策

不正利用されないために具体的な方法をご紹介します。 まずはインターネットで易々と情報を流さないように。信頼できないような通販会社ではクレジットカードを利用しない、パソコンのウィスル対策はしっかりしておくように対策をしましょう。

 

スキミングへの対策

普通のお店を利用していて被害に遭うことはまず考えられないのですが、信頼のおけないお店ではクレジットカードを使うことは避けましょう。

 

盗難対策

クレジットカードの盗難に遭わないように、財布はしっかりと手元に置きましょう。 また財布の中がごちゃごちゃで、盗難に遭ったことにも気づけないということでは困ります。 盗難に遭ったことがすぐにわかるように、いつも財布の中はきれいに整理整頓されていると安心ですね。

 

暗証番号

暗証番号は生年月日など、人が簡単にわかってしまうものは避けた方がいいです。 この暗証番号をわかりやすいものに設定してしまったことで、盗難に遭っても過失として扱われ、補償が受けられないこともあります。必ず本人と関係のない、本人から想像できない数字を設定する必要があります。